charm clock:DEVIL SMILE
プロフィール

Jackitty

Author:Jackitty
FC2ブログへようこそ!
ブラックダイヤシュリンプ・ビーシュリンプ・ブラックシャドーシュリンプ・タイガー系シュリンプを楽しく飼育してます。



にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村


ペット(シュリンプ) ブログランキングへ

aqua shop Jackittyへ
aqua shop Jackitty

ブログTOPに戻る時は
↓ロゴをクリックしてください。(^^
topbana


えび飼育環境等、お問い合わせは↓
aquashop@jackitty.jp
または↓
メールフォームからお願いします。
(^^



Jackitty

Facebookページも宣伝




「bios Auction」




カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
月別アーカイブ

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.05.28    カテゴリ:  飼育環境 

   バキバキの個体を作る”ADA 軽石+アマゾニア底面のみ 新規立ち上げ Jackitty(^^


久しぶりのブログ更新です。
何時も沢山の爆殖フルボミネラルご注文有難う御座います。
また、抱卵報告や稚エビの生存率が上がった報告を頂いてます。

エビの生存率や繁殖率をあげる為、個人的に使っていた物で
商品を作ろうと思って商品化したのではなく
私が個人的に数年使ってきた商品を商品化しただけですよ。

その購入頂いたお客様から凄く問い合わせが多い為
返答が遅れる事がありますが1人1人分かる範囲でお答えしております。

アマゾニアでの立ち上げ方を幾度かブログにUPしてきました。
今回は、30cm水槽の底面フィルターと軽石+アマゾニアで行いました。

色々なやり方が有りますが基本的な考え方は同じです。
アンモニア~亜硝酸~硝酸塩~還元のサイクルを作ります。

質問者の多くが色々悩んだ末、ネットやブログ等で調べまくって
分けが分からなくなった状態の方が多いですね

変に知識が入り、頭でっかち的に悩んでおられます。
実践的に、これから立ち上げてエビを投入していきましょう。
まず、変な知識より、時間が一番大事ですよ
上記に記載したサイクルを作るには1カ月や2カ月では完璧に出来ないと
初めから考えてくださいね。

それでは立ち上げていきます

ada529
今回底面エアーフィルターとモーター式底面を使います。
エアー底面を引きまして、あく抜きをした軽石を引いていきます。
軽石をエアー底面と同じ高さまでひいた上に、モーター底面を置きます。

↓次はモーター底面の上に軽石を置いていきます。

ada529

軽石が終わりましたらソイルの前に
陥没防止・根詰まり防止でネットをあわせて
しきます。
ada529
ada529
底面排水口パイプ部分も
穴を開けて固定させていきます。

次はアマゾニアノーマルを入れて
アマゾニアパウダーを入れていきます。
ada529
厚みは、その時入れるものに応じて決めてください。
根が長くなる水草を入れる場合は少し多めが良いと思います。
今回、私の場合こちらは交配水槽にするつもりですので
普通の厚みで行きました。
次にRO水のみ
エアーレーション用のホースでRO水生産フィルターから
直接入れていきます。
気温が暖かくなってきましたのでRO水フィルターも生産量が
多く早く出来ますね。
ada529

次はエアーレーションを動かしていきますが
底面エアーレーションは水面に沈めないようにセットします。
先程のバクテリアサイクルの初期段階ですから
空気中から好気性バクテリアを沸かす為
水面にエアーが走る感じでセットします。
↓こんな感じですね
ada529
バクテリアがいない為泡切れが悪いのが分かります。
モーター底面の同時始動しておきます。
この時点で、バクテリアの素等入れる方は入れてくださいね。

この状態で、バクテリアのサイクルを作っていくわけですが
ここから、アンモニアや不純物が出て好気性バクテリアわいてきます。
次に亜硝酸が検出されるまで、一切水換えを行いません。
見た目、濁っていても、水を換えるのは無意味ですね。
バクテリアが出来ていないわけですから。
水槽内の水が減ってきますので減った分足し水のみ

ここまで今回、立ち上げてみてくださいね。
簡単でしょ
バクテリアの変な知識や頭でっかちな考えは必要ありませんね。

その後、亜硝酸が上がってくるころ濁った茶色の水が
透明感が出てくるのが分かりますよ。
ada529
ada529


亜硝酸が下がりきったところで水換えを行って行きます。
亜硝酸が下がるまでに水換えを行いますと
後々、硝酸塩がダラダラと出てくるのでエビを入れても調子の悪い水槽に
なる事が多い為、初めにしっかりバクテリアのサイクルを作っていきましょう。
ada529

亜硝酸が上がると同時に徐々に硝酸塩も上がってきます。
硝化菌が殖えてきてると思ってください。

水換えをしないのはその為と新しい水に含まれるKH分を無意味にふやさない為です。
消化されるKH分~硝酸塩が溜まってきます。
その頃から
その為PHが下がって来るのが分かります。

次回は、亜硝酸が下がってから、水換えのタイミングを
お伝えしていきますね。



↓気が向きましたらプチってお願いします。


にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村







スポンサーサイト


Copyright © BlackKing=Jackitty All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。