charm clock:DEVIL SMILE
プロフィール

Jackitty

Author:Jackitty
FC2ブログへようこそ!
ブラックダイヤシュリンプ・ビーシュリンプ・ブラックシャドーシュリンプ・タイガー系シュリンプを楽しく飼育してます。



にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村


ペット(シュリンプ) ブログランキングへ

aqua shop Jackittyへ
aqua shop Jackitty

ブログTOPに戻る時は
↓ロゴをクリックしてください。(^^
topbana


えび飼育環境等、お問い合わせは↓
aquashop@jackitty.jp
または↓
メールフォームからお願いします。
(^^



Jackitty

Facebookページも宣伝




「bios Auction」




カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
月別アーカイブ

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.07.27    カテゴリ:  飼育環境 

   ポツリ☆を止める!! 硝酸塩 緊急 対処法 Jackitty 

何時も沢山のご注文有難う御座います。
NEW爆殖高濃縮フルボミネラル・NEWクロマ特殊配合フルボミネラル・NEW爆殖シリーズ
購入頂いた方から使用後、またその方のお友達・エビ友達と紹介を頂き
大変有難う御座います。
リピートを頂く方や先週は自分が毎回使用されていて
お友達にプレゼントとして購入されますブリーダーさんもおられます。
本当に有難う御座います
またNEW爆殖高濃縮フルボミネラル・NEWクロマ特殊配合フルボミネラル・C-COLOURS
爆殖シリーズも、常に国際郵便で現地材料からシュリンプや環境に良い形でバージョンUP出来るよう頑張っておりますので今後とも宜しくお願いします


今回は皆さまから最近一番多い相談メールの内容です。

以前にのブログで何回か同じ内容を書いてますので
以前のカテゴリー 飼育環境 を見て頂ければと思います。
水面の泡とか書いたと思います、

シュリンプや用品を購入頂いた方で一番多い相談メールです。

シュリンプを購入後、数週間~1カ月ぐらいでポツリポツリと☆が出る
期待をしていた親クラス、大変ショックですね。
この多くの方が、硝酸塩が多いと言われます。
通常であれば、以前ブログに書きましたように
新規立ち上げで亜硝酸~硝酸塩溜まり還元されるまで3カ月以上は掛るバクテリアのサイクルです、
しかし、立ち上げから2カ月未満にシュリンプを入れてしまって
他に避難させる水槽も無く、期待の親が☆になる事で
色々調べてみると硝酸塩が多い状態、です。
blacksyosan1
blacksyosan1
↑はYAMAEBIさんのオーガニックを食べてますピントシャドーモスラの稚エビ

普通であればシュリンプを他の水槽にサテライトでも付けて
緊急処置をとれば良いですが他の水槽も無かったり同じ状況であったり
住宅事情もあり、困って相談をされる方が多いです。

1・硝酸塩には何通りかあります。
立ち上げ初期、ソイルの養分が発酵した腐葉土分のリン酸ケイ酸を含む硝酸塩が溶解して
検知される初期分

2・立ち上げからバクテリアのサイクルでアンモニアがイオン化され亜硝酸へ亜硝酸から
硝酸塩へと溜まる分これが約1カ月~4カ月残留する分です。

3・立ち上げから2年近く経過し、不純物や腐敗物が溜まり
またソイルの粒が潰れてくると
溜まりやすくなる硝酸塩

blacksyosan1
一番、シュリンプの死亡率が高いのは2番目だと思います。
また相談メールで多いのも2番の時期です。

どうしても他水槽に動かす事も出来ず
こうした時期を最小限の☆で乗り切る方法は1つあります。
blacksyosan1

この時期は、大きな水換えをいくら行っても
硝酸塩は減らないし、問題は解決しません。

以前にも飼育環境で書いたと思いますが
初めに立ち上げてアンモニア等を亜硝酸に変える
沢山殖えた好気性バクテリアや亜硝酸を硝酸塩に変えた硝化菌バクテリアが
硝酸塩が多くなると同時に、通性嫌気性バクテリアと変化する時期でもあります。
その為、窒素ガスやメタンガスを含むガス分が放出されます。
その時期が大きな水換えをしますとせっかく殖えたバクテリアもなくなります、
その為、通常であればこの時期が終わってからシュリンプを入れるのが良いですが
もうすでに入っている状態ですので
バクテリアの繁殖を追い越す大きな水換えをせずに
コンスタントに少量、変えていきます。
その時は、以前も言ってます、必ず水面の水のみ
通性嫌気性バクテリアが湧き湧き初めは
油分やガス分を含みます、その為自然界であればオーバーフロー的に水面の水は流れますが
水槽内では水面に溜まります。
blacksyosan1
それと同時に、吸着材、活性炭等やエーハイムのリン酸吸着材のような
吸着性のあるもの、をネット等に入れて水面近くにぶら下げると
ガス分も吸着します
また吸着した吸着材は、水草の肥料のように硝酸塩を含んでますので
1週間から10日で私の場合取り換えます。
☆が酷い時は水換えのペースは3日に1度
30cmで約1ℓ・60cm水槽で2ℓペットボトル1本分程度
抜いて予め作り置いた元水をミネラル調整していれます。
新しい水を入れる時は、変動しやすい時期でシュリンプが弱っている可能性が有りますので
1時間ぐらいかけるつもりで足していきます。
blacksyosan1
また☆おさまってきた場合は、吸着材はそのままで
水換えのペースを開けていきます、3日に1度を1週間に一度ぐらいに
していきます。
多くの水換えをしても硝酸塩は減りませんしガス分も減りません。
通性嫌気性バクテリアが出来きますと
硝酸塩は一定量を超えなくなります。
そうなると、水換えを少々多くしても足し水で凌いでも
何とかシュリンプも繁殖が安定してきます。
blacksyosan1


緊急対処で吸着材料が無い時
私は以前使ってない吸着性の高いソイルを1日外に出して乾燥させて
台所用ネットに入れて水槽につらしてみましたが
同じ様に硝酸塩に含まれるリンやケイ酸や窒素を吸着してましたよ

吸着性が高いソイルで初期の亜硝酸や硝酸塩吸着したソイルだと
5カ月~6ヶ月目~また初期の吸着した養分が溶解してまた違う形で
繁殖に影響が出ますが、上手く良い部分だけ使えば良いかなと思います。

こんな感じで、☆対処をしてみてくださいね。

blacksyosan1
立ち上げに2カ月以上かけて3カ月目で調整しながら水換えをして4カ月目でシュリンプを入れた水槽↑のようにブログやオークション画像を撮影する時だけガラスの藻をそぎ落としてる(^^;
放置水槽でも爆殖致しますよ。

にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村



















おぉ、この間私が質問したよぅな内容…(*^^*)(笑)
お陰様で、ポツ☆が止みました♪p(^^)q
1つでも☆がでないように気を付けることで、
爆殖につながると思うので、とても役に立つ
ピンチ解決法ですね~(*^O^*)
水槽がたくさんあれば解決法も色々とあるでしょうが、
私のような数少ない水槽が1つでもピンチになれば、
とにかく立ち上げ途中でも、そこに逃げさせなければ
いけない…そんなこんなで今に至ってますから(;^_^A(笑)
ちゃんと時間かけて立ち上げられた水槽に入れさせて
あげることができれば、その時ようやく安心して
エビちゃんたちを気持ち良く生活させてあげられる
よぅになるので、そこがまず目標です♪(*^^*)
グダグダと意味不明なことを書いてしまいましたが、
jackittyさんの教えをキッチリ守って、
これから綺麗で元気なエビちゃんを育てて
いけたらと思います(*^.^*)
これからも、宜しくお願い致しますっ♪(o^-^o)
相変わらず、ためになる記事ですね~^^
勉強になりますm(_ _)m

2番めの硝酸塩の時期は、本当に大きく水換えしても、硝酸塩減らないんですよね!
一時期は、せっせと大量の水換えを繰り返し、
それでも全然回復の兆しは見えず・・・
途方にくれていたことを思い出します^^;
その後は、エビを移動してから、少量の水換えで様子見をしていたら、そのうち調子を回復することに気がついたので、そうしてきましたが、こういう理由があったんだ!と知ったのは、Jackittyさんのお話を伺ってからです。
物事にはちゃんと理由があるんですね^^

吸着系ソイルを使った場合の、5~6ヶ月めも、思い当たることがあります。
なるほど!と頷きながら、読ませていただきました^^
レッド隼さんお早う御座います。v-290

そうですね。本当は3カ月以上時間を掛けて立ち上げてから
大事なシュリンプを入れるのが良いと思います。v-290
吸着性ソイルで初期の亜硝酸~硝酸塩と吸着させて
時間を短縮して立ち上げる事も出来ますが
リセットも早くなります。
アマゾニアが出た初期は小さな60cm水槽でも30cm水槽でも
何も見えないぐらい濁りました。
あれぐらい吸着性が低く、栄養系のソイルは今は殆どないでしょうね。
少なからず、吸着する分はどのソイルでもあると思いますが
成るべく吸着性が低いソイルでバクテリアのサイクルを作る事が
水草もシュリンプも良いかと思いますよv-290
桜心さんお早う御座いますv-290
2番目の硝酸塩を極力少なくするのに
外部フィルターや底面が厚敷きの場合は
亜硝酸が下がって一旦水を入れ替え、もう一度立ち上げなおす方法もありますよv-290
これはアマゾニアが出た当初10年ほど前その方法で良く立ち上げました。v-290
しかし、薄敷きの場合はその方法は使えないですね。

そうですよね。水換えでは硝酸塩は無くなりませんねv-290
この時期に大量の水換えを行いますと
雑菌が湧きやすくなり、餌等を入れますと水カビが出るようになります。
そうなると水草も光合成出来ずシュリンプも免疫力が下がります。
立ち上げから全く水換えをしないようにして
2ヶ月目迎えるのと、水換えをした水槽とでは3カ月~5カ月全く調子が変わります。
初期から足し水のみでバクテリアを順番に殖やす事が
水草にもシュリンプにも一番良いかと思いますv-290

吸着性が高いソイルは元々、メンテナンスフリーという名目で
植物用に作られたのが始まりで水分や植物の肥料となる硝酸塩のリン酸やケイ酸を初期に
吸着し植物が手間がかからないようにしたのが初めですね。
栄養価が無い土で造られたソイルだと良いですが
ある程度発酵させた腐食土を作ったアクア系ソイルで吸着性だと
吸着性を生かした使い方をする方が無難だと思います。
薄く敷いて、リセットしやすくして、数カ月でソイル入れ替えまたは
リセットすると吸着性も使いやすくなるでしょう。
吸着性の高いソイルで厚く敷いて立ち上げた水槽は
初期のアンモニアから亜硝酸から硝酸塩(リンやケイ酸や窒素等)
全てを吸着してますので時間の経過とともに
植物には凄い栄養価の水槽になりますが
シュリンプは1回目抱卵~2回目抱卵~3回目と繁殖率は下がります。
色々な養分が溶解しだす感じですね
それが4カ月目~6カ月です。v-290
リセットした吸着性が高いソイルをガーデニング等に使う土に混ぜますと
植物が良く育ちますよv-290肥料を与えるより良く育つ花もありますv-290

じっくり育てるレッドビーシュリンプには
長期間安定するソイルの方が色が出しやすいと思います。v-290







トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © BlackKing=Jackitty All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。