charm clock:DEVIL SMILE
プロフィール

Jackitty

Author:Jackitty
FC2ブログへようこそ!
ブラックダイヤシュリンプ・ビーシュリンプ・ブラックシャドーシュリンプ・タイガー系シュリンプを楽しく飼育してます。



にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村


ペット(シュリンプ) ブログランキングへ

aqua shop Jackittyへ
aqua shop Jackitty

ブログTOPに戻る時は
↓ロゴをクリックしてください。(^^
topbana


えび飼育環境等、お問い合わせは↓
aquashop@jackitty.jp
または↓
メールフォームからお願いします。
(^^



Jackitty

Facebookページも宣伝




「bios Auction」




カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
月別アーカイブ

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.10.16    カテゴリ:  爆殖・高濃縮フルボミネラル剤 

   バージョンUP フルボ酸 のみに拘らない 理由 NEW爆殖高濃縮フルボミネラル・NEWクロマ特殊配合フルボミネラル・NEW爆殖シリーズ Jackitty

何時も沢山のご注文有難う御座います。
NEW爆殖高濃縮フルボミネラル・NEWクロマ特殊配合フルボミネラル・NEW爆殖シリーズ
購入頂いた方から使用後、またその方のお友達・エビ友達と紹介を頂き
大変有難う御座います。


現在出品中のブラック卵を抱えるレッドジャックオークション~
こられた方は前回の記事をご覧ください。

バージョンUPしたNEW高濃縮フルボミネラル・NEWクロマ特殊配合フルボミネラル等
爆殖シリーズと毎日沢山の方にご注文頂き大変有難う御座います。
リピーターさんの数が日に日に増えてきました。
発送が少し大変になってきました(^^;

今回多くの方にお使い頂いてます。
NEW高濃縮フルボミネラル・NEWクロマ特殊配合フルボミネラルを上手く使いこなして
頂く為に少しだけお伝えしておこうと思います。

redhurvo988

1010red10

これまでバージョンUPをしてきたのは
フルボ酸のみに、拘らずに数種類の植物性腐植酸(腐植物質)やミネラルを
バージョンUPしてきました。

以前にも何回かブログでもお伝えしましたように
自分の中で東南アジアの現地で見た熱帯魚の綺麗さや水草の綺麗さが忘れられないんですね
体格も良く、水槽の中で育ったものとは全く違うんです
これはシュリンプでも同じで1990年代当初、今のレッドビーシュリンプの元となった
シュリンプは当初2亜種や3種ぐらいがいました。
これらの中からレッド(赤色)の現在のビーシュリンプが出来たわけですが
昔は3cmUPは当たり前、で色も今ほどきめ細かではありませんが
殆どが赤脚状態でしたね。

こうした中、極力現地の栄養価ある水に仕上げたいと思い
NEW高濃縮フルボミネラル・NEWクロマ特殊配合フルボミネラルを改良してきました。

弱酸性で軟水現地の水は上流で10ppm~20ppm以下です。
しかし、水草も熱帯魚も迫力が違います、紫外線がきつい日光も1つの特徴ではありますが
山の枯葉や腐葉土を通った水が表面を流れ、川にはわき水も多い
こうした事から、フルボ酸のみに拘らず、植物性腐植酸と地下からわき出るミネラルに拘って
何度かバージョンUPをしてきました。

下記は他の採集者が現地の様子を撮ったものです
いくつかUPしてる方がおられますよ


私個人は南アジアの方が多かったですがもう少し水ブラウン系でした。
redhurvo988

私の方の
NEW高濃縮フルボミネラル・NEWクロマ特殊配合フルボミネラルを
お使いの方はお分かり頂けると思いますが
使う前は養分が沈んでます、使用前に振って頂いて色が全体に着くようになっております。
これは、
人工的にフルボ酸を抽出したものや、
同じく無理に腐食酸を溶解させたブラックウォーターを使用せず
全て天然養分で作っているからです。
redhurvo988


例えば、使用前に振らなくても、腐植分が溶解している液体は
フミン物質を含む腐植酸は溶解させる為に、強アルカリ塩水で溶かしてあるものです。
KH分の量だけ、フミン物質は溶解出来ます。
中性水や弱酸性水では、KH分のみ溶けて後は溶けずに沈殿します。
その為、振らなでも真っ黒な液体は、またはブラックウォーターは PHが高いものとなります。
redhurvo988

またフルボ酸は、反対で、強酸性液にフルボ酸を含む腐植分やフミン質を入れて
沈殿しない、上層部に浮かぶものがフルボ酸と言われる物質です。
アメリカや日本でも強酸性液を使用し抽出されたものが多いです。
電気分解によってPHを強酸性まで下げて抽出する事もあります。
しかし、フミン酸を含まないフルボ物質は、抽出時に使われた
強酸性液と一緒に抽出するほかなく、強酸性液を取り除きフルボ物質のみと言う訳にはいきません。
ほぼ、酢に近い強酸性液+フルボ物質が多く含まれた状態となるわけです。



redhurvo988

そういった極端な抽出したものは長く続ければ負担が何処かにでます。

使用頂く前に振って混ざるのがより天然素材のみと思い
少しずつバージョンUPをしてきたという事ですね。
動画にもありますが、東南アジアの山や熱帯雨林は日本の山水と少し違う
独特の腐植分があるんです。
自然の川から水を引っ張って養殖場をしてるファームでも
地域によって15ppm台ですよ
それで水槽で育つより水草も大きく、熱帯魚も鱗は分厚く
シュリンプも大きく体格が良いです。
山の自然で出来た腐植分の養分や地下からわくミネラル分は
私達が知らな栄養価があると言う事になりますね。
redhurvo988

私の方で現在フルボミネラルに漬けこんでます。
熟成リーフも1種は東南アジアの大きな日本で言いますブナの木です
これも時期により結構バラツキがあります
まだまだ、勉強しないといけないと思ってます。

こういった形で
フルボ酸のみ拘らず、より自然に近い状態でとフルボ酸が多く含む
植物性腐植分で作っております。
お使いの方は水換えにて不十物を取り除き、消費される天然養分を足す形で
お使いください。

生体や水草がより健康に育つと思います。

↓爆殖を願って気が向きましたらプチっとしてやってください。
Please click here
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村





















お世話になりますm(_ _)m


いつも質問ばかりで‥申し訳ございませんm(_ _)m

凄く勉強になります。

ご説明戴き理解しました。。。。

選別をしっかり、次水槽から、硬度上げて見ます(*^o^*)


それと…ブログも訪問して戴き、お恥ずかしい限りです(>_<)
気に掛けて戴き、凄く嬉しく思います。
何時もお世話になります。v-290

そうですね現在シュリンプが入っています水槽は
変化させる場合は徐々にが良いかと思いますねv-290

私の場合、岩組レアウトを良くしますが
自然とGHが保たれますよv-290

でも石類、鉱石を入れる時はあう・合わないがあるので
少量が無難ですv-290






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © BlackKing=Jackitty All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。