charm clock:DEVIL SMILE
プロフィール

Jackitty

Author:Jackitty
FC2ブログへようこそ!
ブラックダイヤシュリンプ・ビーシュリンプ・ブラックシャドーシュリンプ・タイガー系シュリンプを楽しく飼育してます。



にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村


ペット(シュリンプ) ブログランキングへ

aqua shop Jackittyへ
aqua shop Jackitty

ブログTOPに戻る時は
↓ロゴをクリックしてください。(^^
topbana


えび飼育環境等、お問い合わせは↓
aquashop@jackitty.jp
または↓
メールフォームからお願いします。
(^^



Jackitty

Facebookページも宣伝




「bios Auction」




カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
月別アーカイブ

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.04.12    カテゴリ:  爆殖・高濃縮フルボミネラル剤 

   飼育環境相談メール ppm管理 ・ ブラックウォターの拘り +αNEW爆殖高濃縮フルボミネラル 使用方法 Jackitty


何時も、NEWパッケージ爆殖エキス Compound Activity(コンパウンド アクティビティ)~
NEW高濃縮フルボミネラル・クロマ配合フルボミネラル等
ご注文頂き有難う御座います。


今日は用品やシュリンプを購入頂いた方から
飼育環境の相談メールを受ける中で、
+αバージョンUPしてからの
NEW爆殖高濃縮フルボミネラルの 使用方法を細かく記載しておきます。。

今回のブログの記事は少し長くなりますので(^^;
時間が無い方は時間が有る時に見てやってください。

new8881

飼育環境を相談メール頂く方で
色々な方がおられますが

a・新規立ち上げ時~期間が経過せずにシュリンプ投入しその後調子悪い状態が継続

b・飼育環境のppmを保つ為
 数年前に流行ったヨーロッパの飲料水のような強アルカリ水で硫酸塩でppmを保っている方

c・1回の水換えが凄く量が多い方

d・飼育水にカルキ抜き剤を使用し水換え事に硝化菌が激減する

e・農業用・植物用の植物用肥料を多く含むブラックウォーターを使用される方
 植物では肥料となる栄養価の高い腐植物で
 鉄分や亜鉛リンや窒素やケイ酸等硝酸塩濃度を含んでいる物
 腐植性の高い土で高栄養価の物。

シュリンプが☆になる時の殆どが
硝酸塩処理時に負担が掛り、好気性バクテリア~通性嫌気性バクテリアへと変化が行われる時
じわじわと悪化する状態となります。

バージョンUPした NEW爆殖高濃縮フルボミネラル

オリジナルナイロンパッケージとカップ容器付きです。
また、配合のチキンキトサンも上質な物バージョンUPしております。
少し前にブログでお伝えしたように無理に抽出した強酸性のフルボ酸と違い
より自然の状態でのNEW高濃縮フルボミネラルとなります。


爆殖エキス コンパウンドアクティビティと兼用で
お使い頂けると吸収力がより上がります。。


天然植物腐食酸のフルボ酸が多く含む分を使用してます。
バージョンUP後より自然に近い状態でお使い頂けます。
+αバージョンです。
NEW爆殖高濃縮フルボミネラル・クロマ配合フルボミネラル共に
(今までの商品よりミネラル成分と腐植分十数種をより強化しました。

元々こうした弱酸性の軟水に拘る理由は
20数年前から東南アジア等で現地採集や現地ファームから買い付けをして日本へ
持って帰る輸入業をずっとしておりました。
仕事上、現地の養殖場の飼育水やまた現地の採集地域の原水を知っており
また日本の水槽下で育った熱帯魚や水草と、現地の水で育った物では
綺麗さも大きさも、繁殖力も大きく違う事から
現地の天然水をイメージするように作って来たのが
NEW爆殖高濃縮フルボミネラルとなります。

アジアアロワナの養殖場でもその他養殖場でも現地の水はphを上昇させる時以外は
ppmは全て10~20代未満です。
しかし、現地で育った個体は日本の水槽内で育った個体と比べ物にならないぐらい
綺麗ですし、ガッチリして鱗1枚1枚が分厚いです。
水草のクリプト系も凄く大きくなる種やまた凹凸も凄く綺麗です。

そうした水は天然で熱帯雨林や山岳地域で自然に発酵して出来た腐植土を通り
また上流では天然の湧き水も加わり、phは5~6 ppmは約10ppmぐらいです。
硝酸塩に含まれるリン・窒素・ケイ酸等も自然に植物によって処理されます。

繁殖力も綺麗さも、天然物に少しでも近づけるように
NEW爆殖高濃縮フルボミネラルを作ってきた訳です。

バージョンUPした、爆殖NEW高濃縮フルボミネラルは
フルボ酸を多く含む、植物性腐植物質のブラックウォーターへの拘りもあります。



現在色々出回ってます、ブラックウォーターの素になる植物性腐植酸を多く含む
物質や炭化した成分は沢山の物が有ります。
また質的にも色々なものが存在します。
植物栽培用に販売されている物は、土のような植物性腐植酸を多く含む物を
水に溶かした液体物が多いです。

そうした農業用の商品は溶解濃度を上げる為に強アルカリ塩水に溶かし、振らなくても真っ黒から茶色水の
フミン酸を多く含むブラックウォーターとなります。

元土や腐植土の質や材質で大きく異なりますが、農業用や植物用の土は植物の肥料となる硝酸塩や硝酸塩に含まれる
リン・窒素・ケイ酸・鉄分・亜鉛等、多く含まれた状態になります。

植物には栄養とされる物が淡水のソイルを敷いた水槽へ入りますと
水草水槽では肥料となります。

その為、そうしたブラックウォーターを水槽へ使用しますと
初めは調子が良くなったと思われると思います。

しかし、シュリンプ水槽ではバクテリアの新陳代謝が早く比較的、硝酸塩処理が長く掛りますので
そうした水槽へ硝酸塩に含まれる植物から見て栄養のある物、リン・窒素・ケイ酸・鉄分・亜鉛等多く含む、腐植物を
入れますと、数日後~1ヶ月後ぐらいから、藻が良く発生し硝酸塩処理により多くの負担が掛ります。

シュリンプ水槽では、爆殖するほど好気性バクテリアの働きは凄い物があります。
好気性バクテリアがより多く繁殖をするという事は、良い意味で言いますとアンモニアや有機物がより早く処理されますし多くされます。
また分解能力も上がる為、ソイルも爆殖するほど早く分解されます。また同時に硝酸塩も多く処理が必要になってきます。
そうしたシュリンプ水槽でKHが多い物や硝酸塩濃度を多く含む物は
負担が掛ってきます。バクテリアの処理能力より多くなる分は余分な栄養価となり
自然に藻が多く生えて、メタンや窒素還元のガスもより多くなります。

そうした事が有る為、元々の材質への拘りも必要になりますし
ある程度、シュリンプ~見てリン・窒素・ケイ酸・鉄分・亜鉛等を含まない上質な物で
また尚且つより不純物を取り除き精製処理をした物を使用しておりますので
安心してご使用ください。

そこまで拘らないと現地の吸収しやすい弱酸性で軟水の良い水が出来ないかなと
思います。
astrdpint888

・天然高濃縮フルボ酸90%~93%抽出液
・その他天然植物性腐植酸
・アミノ酸
・キトサン
・高濃縮天然ミネラル
・特殊腐植水
 とミネラルも不純物無しの天然物です。
また従来のタイプ入りより経済的になりました。

使い方は、TDS(ppm)メーターを見ながら使いますが
私の場合、ブラックシャドーシュリンプには
水換え時に、新しい水に、4ℓ~5ℓにキャップ3分の1~数滴です。

水換え時毎回、入れ無くても、2回に1回の添加でもOKです。

水槽内のTDS(ppm)を見ながら行ってください。

※水槽内のppmの管理の仕方
水槽内は、天然下とは違い100%の還元は行われないと考えた方が無難です。
その為、シュリンプ水槽では好気性バクテリアの新陳代謝分や
生体の排泄物等や腐敗物で、経過時間と共にppm数値が不純物で保たれてきます。

その為、不純物で保たれたppmを新しい不純物のない適度な栄養価が有る水に
変える事が必要になります。

例)水槽内 110ppm~120ppmで管理をする場合
水換え後の、新しい作り置いた足し水も、110ppm~120ppmにしないといけない?と
思う方がたまにおられますが、ソイルの立ち上げと経過時間と共にバクテリアの新陳代謝と共に
ソイルも少しずつ分解されていきます。
経過時間と共に、同じ数値でも不純物や腐敗物が多くなってる110ppm~120ppmとなります。

その為、私の場合は、110ppmであれば、約半分以下~3分の1以下数値のppmの新しい水を足しております。
私の場合は、元水がRO水でフルボミネラル漬けこんだ熟成リーフで元水を作っておりますので
基本水槽内のppm数値の3分の1以下の数値分のみ、フルボミネラルを入れております。

またphはソイルやバクテリアのサイクルで自然に弱酸性かされる程度で
より自然に保てるかと思います。

皆さん、NEW高濃縮フルボミネラルやクロマ配合フルボミネラルをご購入頂いてます方で
色々な自分なりの使い方をされる方も多いですが
私の方は、
ppmを維持・または下げていく時 レッドビー系は NEWクロマ配合フルボミネラル

ppmを維持・または上げていく時や ソイル立ち上げ時、
 タイガー系やシャドー系シュリンプにはNEW高濃縮フルボミネラルを
メインに使用しております。
astrdpint888

ブラックシャドーシュリンプでもppmを低めに飼育した方が
稚エビも綺麗に早く育つピント系やアストリッドピントビー等はクロマ配合フルボミネラルを
使用して管理してます。
現在では、数年前の150ppm~200ppmで飼育していたブラックシャドーの時代と比べますと
現在ではより無理のない低いppm数値で稚エビ~抱卵までが確実に1カ月以上早く育ちます。
 
↓を改善したい方、お進めです。

・綺麗なレッドビーシュリンプだけど繁殖力が弱い。

・綺麗なレッドビーシュリンプが飼育していて色抜けが出る。

・ブラックシャドーシュリンプが抱卵しにくい。

・抱卵するが卵が少ない。

・ブラックシャドー稚エビの生存率が悪い。

・ブラックシャドーシュリンプが飼育していて色抜けが出る。


※免疫バージョンのクロマ配合フルボミネラルと兼用頂けますので
是非お試しください。
astrdpint888

上記の
メール頂く中で一番多い順が
a / e / b/ d /cです。


eのブラックウォターは最近増えてます。
材質によって、植物には栄養となる地質や炭化物質の中の
硝酸塩濃度が高くに含まれ
リン・窒素・ケイ酸・鉄分・亜鉛等
フルボ酸やフミン酸を多く含んでいても何も処理しない状態で
植物から見れば、肥料と言う材質になります。
藻からしても、高栄養となります。

またbはヨーロッパ製ミネラルウォターで
アルカリ度が凄く高い硫酸塩を多く含む硬水となるもので
日本言いますと、石灰岩を多く含むアルカリ性が高い物です。
こう言ったものでppmを維持しますと
初めのみで、1ヶ月後ぐらいから硝酸塩処理で負担が出る状態になります。
C-COLOURS等を取扱いと同じく
弱酸性下で吸収する必要とする分は極微量となります。


どちらも高栄養で
どこへも吸収されずに残る状態となりますので
より自然に
弱酸性で、軟水を基準にしてみてください。


それでは世界各国の皆様↓爆殖を願って気が向きましたらプチっとしてやってください。
Please click here
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村















何時もお世話になります。
ブログでは初こめです。(^-^ゞ
何時もくだらないメールでも
丁重にお教えいただき
お陰様で少しずつ増えてきて
日々楽しく海老ライフおくっております。
メールで教えて頂いた事を
少しずつ解ってきて
実感がわいてきた次第です。
今後ともご指導宜しく御願い致します(*゜ー゜)ゞ⌒☆

西ノ京さん
何時もこちらこそお世話になります。v-290
西ノ京さんは福岡の博多の方だったですよね。
間違えてたらすみませんです(^^;

>何時もくだらないメールでも・・・
メールの方は全然大丈夫ですv-290
ご購入頂いた方は飼育環境等
結構頂いてますので少し返信が遅くなる時もありますが(^^;

少しずつ間隔が掴めた感じでしょうね。v-290
やっぱり元水~飼育水
ちょっとした事で大きく変わり
少しずつ殖える事で、水槽内のバクテリアの活性が
上がり、今後良くなると思いますのでコンパウンドを
水換え時に一滴~二滴落として大きな変動を行わないように
良い状態を保ってくださいね。v-290


お世話になります。(^-^ゞ
紛らわしいハンドルネームで
申し訳ありません(*^^*)
博多で間違いありません(*^^*)
これからも宜しくお願い致します。m(__)m
こんばんは〜
いや〜jackittyさんはほんとになんでもご存知ですね!!
さすがです!!
自分の知識の無さを改めて思い知らされました…
今後も参考にさせていただきます!!
ポチ
こんばんは
西ノ京さんで間違い無かったですねv-290

生き物を飼育してますと
色んな事がありますが
綺麗なシュリンプに癒されながら
沢山綺麗なシュリンプを殖やしてくださいv-290

こちらこそ
今後とも宜しくお願いします。v-290
え美武蔵さんこんばんはv-290

東南アジアの亜熱帯エリアは
日本の自然の川と良く似てるエリアもありますが
地層や地形や生息してる植物も違う為
上流~下流と水質が異なりますね。v-290

現地の子供がコーヒー色水の川で
良く泳いでますが、ppmメーターで見てみますと
ppm10~20以内です。v-290
日本の水道水より低いです。
しかし、水草も熱帯魚もシュリンプも
水槽内で育つものより、凄く大きく綺麗ですよv-290
有機化された養分や気温や地層で
ppmが低くても吸収いやすい栄養が豊富なんでしょうね。
またそうした川の水が流れる下流の海は
サンゴ礁も綺麗で魚も多いです。v-290
山から流れる植物性腐植酸や湧き水のミネラルは
色々な栄養分を含んでいる証拠だと思います。v-290






トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © BlackKing=Jackitty All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。