charm clock:DEVIL SMILE
プロフィール

Jackitty

Author:Jackitty
FC2ブログへようこそ!
ブラックダイヤシュリンプ・ビーシュリンプ・ブラックシャドーシュリンプ・タイガー系シュリンプを楽しく飼育してます。



にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村


ペット(シュリンプ) ブログランキングへ

aqua shop Jackittyへ
aqua shop Jackitty

ブログTOPに戻る時は
↓ロゴをクリックしてください。(^^
topbana


えび飼育環境等、お問い合わせは↓
aquashop@jackitty.jp
または↓
メールフォームからお願いします。
(^^



Jackitty

Facebookページも宣伝




「bios Auction」




カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
月別アーカイブ

--.--.--    カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.06.03    カテゴリ:  飼育環境 

   シュリンプの 色上がり と 発育  Jackitty


各ブリーダー様・リピーター様
プレミアムゴールドフルビックミネラル・NEWパッケージ爆殖エキス Compound Activity(コンパウンド アクティビティ)~
NEW高濃縮フルボミネラル・クロマ配合フルボミネラル等
何時もご注文頂き有難う御座います。

astridturquoisejun12


Please click here
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村
現在出品中の↓
出品 アストリッド戻し交配 抱卵2匹 +同血統5匹 計7匹セット 出品致しました。Jackitty
スカル出品ページから来られた方は前回記事をご覧ください。


何時も
FacebookやTwitterで
いいね・フォローを頂き有難う御座います。

私の方も、
北海道から九州・沖縄の方達のアクアブログや
シュリンプ飼育ブログまたショップ様 ポチっと時間が有る時は
させて頂いております。


さて今日は、日曜日・月曜日と
アストリッドピントビーの ご注文を頂き
飼育水が一気に無くなった為、現在水換え+メンテナンスを行ってます。

何時も明日の段取りと
メンテはこの時間にしてます(^^;

今日は、アストリッドピントビーのターコイズと言われる表現を
撮影しました。

元々、ブラックパンダ・シャドー時代に
TAIWAN BEEがブラックパンダとして入荷された時から少し遅れて
ターコイズシャドーも入荷されておりました。

ターコイズ(turquoise)と言う名は
おそらく、トルコ石のような、青から緑の色を表す為
台湾にて付けられた名と思います。

ターコイズのブルーが濃い個体は
ターコイズブルー<と良く言われ
ブルーが濃い個体が好きな方も多いかと思います。

↓の画像と↑の画像はアストリッドピントビーのターコイズ表現となります。
a href="http://blog-imgs-64.fc2.com/j/a/c/jackkity/astridturquoisejun13.jpg" target="_blank">astridturquoisejun12

元々、ハイブリッドの突然変異種を固定した
パンダ種は、熱帯魚の世界では○○パンダと言われる事は
昔から出まわってましたので
シュリンプのパンダ種を6年~7年前でしょうか
初めて見た時は感動したのを覚えております。

こちらのパンダ種を固定前
ハイブリッド状態の時に、ビーシュリンプ種の白ビーが孵化する種を
使っていた為、メンデルにてパンダ種のターコイズ表現が出たと思います。

ブラック系パンダ種の白ビー的存在がターコイズ表現
レッド系パンダ種の白ビー的存在がレッドソリッド表現(ターコイズのレッドバージョンです。)
6年ほど前当時のパンダ種の表現や色を表す為の名前として
付けられたもので
フルブラック・キングコング・シャドーまたはパンダ・日の丸・モスラ・ターコイズ
と言う感じですね。

レッドターコイズと言うと少し
意味的に赤・青~緑色と言っている感じです。
ソリッドは、単色(原色)と言う意味と思います。

元々台湾ビー=ブラックシャドー種はビー系やタイガー系の
血を引いている為、♀の方が発情期から色上がりしやすいのが良く分かりますが
ppmとGHが少し上がれば
色上がりはしやすくなります。
アストリッドピントビーも
ヨーロッパでは、TAIWANBEE PINTOと言われる様に
ブラックシャドー系の種と、ファンシー系のような種と交配から
スポット表現のパンダ種固定したものと思われます。

2010年~2011当時、ヨーロッパでは
ドイツブリードのイエロータイガー種と交配したパンダ種も
掲示板等にアストリッドピントビー同様紹介されておりました。
こちらは、ピント表現+縦ラインが孵化する種となります。

どちらの種も、♀の抱卵が近づくと色が上がりやすく
なり、そうした時に最小の水換えと
新しいミネラル成分で、綺麗に仕上がります。

ブラック系の血をひくターコイズ種は
黒が元々持つ、青へ
レッド系の血をひくレッドソリッド種は
赤が元々持つ、オレンジへ
濃くなっていきます。

また元々、ブラックでも
青味が少ない個体もいます
ブラック×ブラックで交配が進むと
青系が濃くなります。

レッド系×ブラック系~孵化したブラックは白の部分に
青味が少なくなるのが特徴です。
jackittyyome888yome
白の部分に、濃いブルー系が濃く出るのが
好きな方や白の部分が
↓のように、ブルーが乗らないように
白の綺麗なままの方が良い方もおられると思います。
astd888.
ブルーを濃くする為
余りにも、ppmを高くしたりカルシウムを多く添加しますと
色は上がりますが、稚エビは発育が凄く遅くなります。

現在↓のアストリッドピントビーターコイズ表現は
ppm、100~110で抑えて飼育しております。
astridturquoisejun12
現在のこちらの水槽の環境で
ppmを150~180ppmにした場合、濃いブルーに仕上がります。

私の場合は水換え時
コンパウンドアクティビティ(通称C・A)有機エキス

各種フルボミネラル

2回に1回は

コンパウンドアクティビティ(通称C・A)有機エキス

プレミアムゴールドフルビックミネラル

1カ月に1回~2回
C-COLOURSカルシウム 数滴
で調整してます。

水槽内の栄養価が常に消費され
不純物やバクテリアの新陳代謝分や腐敗物が溜まり
毎日、水分が蒸発する為、水換えにて低め低めで調整してる感じですね。

餌もバランス良く与えるのも大事ですが
新しい、栄養価のミネラルも高過ぎると発育に負担が掛りますので
一定量が良いかと思います。

また稚エビも丈夫な稚エビは発育良く
色上がりも良いですが、丈夫な稚エビは、沢山卵を抱える丈夫な♀から孵化しますので
親個体の♀が健康でなければ駄目ですね
その為には、普段から余分な栄養価で負担の無い環境が大事になります。

また、淡水の生体で
魚も甲殻類も、カルシウム成分を吸収する時は植物性蛋白質+カルシウム成分
動物性蛋白質+カルシウム成分と言う感じが成長が早くなりますし
脱卵や卵が少ない等の問題も無くなります。

また、そうした飼育で
色が濃く出て体格が良い個体を親に選ぶ事も
凄く大事な事になります。

色上がり・発育は、
生存率や繁殖力にも繋がっているのが
良く分かりますね

生体が健康で吸収しやすい環境を整えて
濃いブルーや
綺麗な青から緑の明るいターコイズ色や
自分好みで楽しめるかと思います。



それではまた
ポチっと宜しくお願いします。


Please click here
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村












トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Copyright © BlackKing=Jackitty All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。